火消しつぼ専用 桐箱
火消しつぼ専用 桐箱
火消しつぼ専用 桐箱
火消しつぼ専用 桐箱
火消しつぼ専用 桐箱
火消しつぼ専用 桐箱
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 火消しつぼ専用 桐箱
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 火消しつぼ専用 桐箱
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 火消しつぼ専用 桐箱
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 火消しつぼ専用 桐箱
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 火消しつぼ専用 桐箱
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 火消しつぼ専用 桐箱

火消しつぼ専用 桐箱

商品コード: 9435
通常価格
¥9,680 (税込)
販売価格
¥9,680 (税込)
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

火消しつぼ専用の桐箱

特徴
01 火消し壺の移動を簡単に
02 火消し壺を守るために
03 本格的な火鉢生活を!
商品のご案内
陶器の火消しつぼはヒビが入ったりすると、使い物にならなくなります。
それをカバーするための時代仕上げを施した「桐製の箱」になります。直径210mmの火消しつぼにぴったりのサイズです。
紐の取っ手がついているため、火消しつぼの移動も楽です。

当社オリジナルの「桐火鉢」と同じ素材のため、印象を揃えることもできます。
*火消しつぼは付属しません。別売りです。
火消しつぼとセットですとお得になります。

火のついた炭の始末は水につけてしまうのではなく、火消壺にいれて酸素を遮断し、火を消してください。その消し炭は次回、火を熾すのに火付けのいい炭としてご使用できます。

火消しつぼ専用桐箱のこだわり

桐箱を作るにあたり
火消しつぼは炭火を取り扱う際には必ず必要な道具です。
現在では海外産の消壺や、ステンレスなどの材質もありますが、やはり昔ながらの、この火消しつぼが品質・価格も含めて一番の定番品です。
しかしながら、ちょっとぶつけてひびが入ってしまったり、火のついた炭を入れると当たり前ですが熱くて持てないため、移動させることもできません。
また、良くも悪くもこの色形が変わり映えしないものであることに、面白みを感じませんでした。
日本製の価値のある火消しつぼをさらに、取り扱いや、見た目の印象を変えるだけでも、とてもいいものになるという思いで、製作しました。

桐材
材は焼いた桐の材です。
桐の火鉢と同じ手法である、「時代仕上げ」といって桐の表面を焼き、木材の凹凸を出して、ススを取り除き、その上に砥の粉を刷り込むように塗っていきます。
そして、その砥の粉をふき取って仕上げていきます。

持ち運びできるように紐をつける
今の家には土間というものがありません。火鉢や七輪を家の中で使用しても、火消しつぼの置き場に困ります。適当なところにおいていたら蹴飛ばしてひびが入ってしまった、ということも珍しくありません。
移動させるにも持ちにくいし、火のついた炭を入れたばかりですと熱くて運べません。
それを解消するために紐をつけ、運べるようにしました。


*火消しつぼとセットですとお得になります
注意点・他
火消しつぼは使用中熱くなる事がありますので、取扱いにはご注意下さい。また、燃えやすい物のそばに置かないで下さい。
※画像の都合で実物と若干色が異なる場合があります。ご了承ください。
商品スペック
商品名 火消しつぼ専用 桐箱
素材/全成分 本体 桐、取っ手 麻紐
サイズ 上部275mm角・下部220mm角・高さ210mm
付属品:紐の取っ手 付き